酢の物


やはりどうしても自分の食べておいしいものを作ってしまう傾向にある。

小柱が好きでこれの酢の物は味わい深くこれがあるとついうれしくなる。
小エビはやはり車海老の細巻(さいまき)がいい。
頭の後ろのあたりのつながりにオレンジ色の味噌があり香ばしく旨い。
タコは非常に奥が深い。食感もそうだが茹での塩加減でこうも変わるものもめずらしい。
若布、みそ汁に入る若布も同じ若布なのだがこれを酢の物にすると脇役どころかメインでもいけるがそう主張しない素直さに惚れ直す。

こうゆうおつまみがあるとついぬる燗で一本となるところなのだか悲しいかな私は下戸のほうである、下戸の方というよりそんなに呑めない、たまに店がはねて表にでることもあるが深夜となる仕事がはねたばかりとあって私は酔ってないわけである。そのような状態での私をみてあいつは強いという人もいる。時間帯がちがうだけなのだが・・・。さて、余所でお酒をお願いしますといっては頼んでみるものの一合をもてあます。

こんなことを書くとしかられるかもしれないが酒は好きだが呑めない。ある意味かなしいことかもしれない。せめてもの償いにおいしいおつまみをお出しするとしよう。

Posted: Tue - November 9, 2004 at 11:41      


©